プラチナ結婚指輪

9.プラチナチタンマリッジ【 pt900Ti  】

ブルーのところがチタン、全体がプラチナ製リング

プラチナ結婚指輪

チタンパーツを格納するポケットを彫って、本体プラチナのリングにチタンを装着します。プラチナをチタンで補強したようになります。 どこにもない変わった構造の結婚指輪です。

メンズ16.3号
リング幅3.5mm
厚み1.5mm
¥280,000税別
:チタンを含めた指輪全体の重さ8.15g
(本体プラチナ7.95g)
------------------------------
レディース8.8号
幅3.5mm
厚み1.5mm
¥250,000税別
:指輪の重さ6.57g(プラチナ6.39g)

------------------------------
プラチナ、ホワイトゴールド、チタン、シルバー、タンタル、ジルコニウムなどの地金に代替えできるデザインです。金属アレルギーの度合いに応じて対応しています。 プラチナは同じ体積ながら重さはシルバーの2倍ほどになります。総チタンで作るよりずっしりした着け心地です。 プラチナは歪み易い柔軟性のある貴金属です。長く結婚指輪として愛用すると真円でなくなっていきます。プラチナ900でも、プラチナが真円でいられるのは最初の一瞬だけといっても言い過ぎではありません。(そもそも指が真円ではありませんので。)そのためプラチナのマリッジリングは厚くつくられがちですが、そのぶんプラチナは重量が多くなり、重たい着け心地でだんだん身に着け続けなくなってしまう傾向にあります。一部にチタンまたはタンタル、ジルコニウムを使うことで、重量の軽減化と強度を補強するメリットがあります。デメリットは、お手入れの際、パーツのすきまに石鹸がたまったりしますのでメガネ洗浄機などで年に一度落とすと良いと思います。タンタルの場合、金属の地色が暗めなのでプラチナとのトーンに明暗コントラストが出てアクセントになります。