チタン~オーダーメイドに関するご質問をまとめてみました。



Q:メールでのオリジナルオーダーは可能でしょうか?
A:はい、メールでも承ります。まず、気に入ったプロドットコム作品を選んでいただき、それをどうアレンジするかをメールやFAXで製図、文字レイアウトをいただいてお作りしています。詳細なご希望は箇条書きに整理してお送りくださるようお願いします。

Q:自分でデザインしたペンダントを作ってもらいたいのですが、いくらぐらいで出来ますか?

A:オリジナルのオーダーを大歓迎いたします。
Q:ワンポイントのモチーフのデザインは、リアルなデザインではなく、抽象的なデザインでと考えています。
かといって明確なイメージがある訳でもないので、いくつかデザインを起こしてもらって、その中から選ぶという方法でもよいでしょうか。
A:具体的なイメージを絵にお描きしお互いのイメージを同じになるように努めます。
Q:実際にお店で見て買うことはできますか?
A:渋谷に実店舗がございます。サイト上に載せていないものもたくさんありますので、実物をご覧になってお買い物できます。オーダーの場合はご希望を伺いながら決めることもできます。

Q: 一度、仕事帰りに来店して直接見たいのですが、終わるのがまちまちなので当日にならないと時間がはっきりしないのですが、 やはり事前に予約をしないといけないのでしょうか?
A:17時までにできればお電話を入れていただければ大変助かります。


刻印を打っているところ

Q:このデザインだと文字は何文字まで入りますか?
A:リングサイズにもよりますが、詰めたり二列に分けたり工夫しまして、30字程度入れられます。出来る限りご希望どうり刻印します。また、レイアウトのご希望があればそれを優先して工夫します。


Q:いづれも何かしらの文字が入っているようですが、文字指定なしの場合、チタンにもシルバーにも全く無地状態ということで宜しいのでしょうか?
A:はい。掲載してあるのは見本です。シンプルが良いとのことで無地にするケースや、本のようにメッセージをびっしり刻むケースなど、皆様個性的にご注文くださいます。

Q,なくしたピアスの片方を作ってほしいのですが。
A:当店のものはもちろん再現できます。他社様のコピーは残念ながらお引き受けしておりません。ご購入店にお問い合わせください。
Q 出来上がったあとから毎年、ダイヤを追加していくことってできますか?
A はい、出来ます。ただしダイヤの厚みが必要ですので、リングの肉厚により留められるダイヤのサイズはリング本体の肉厚に応じたものになります。
将来ダイヤを入れるご予定でしたら、あらかじめそれを見込んで厚みを確保したリングをお作りできます。

注文

Q:注文した場合、支払いの銀行振込は前払いですか? それとも出来上がり後の支払いなんでしょうか?
A:始めに仕上がり予定をお知らせし、出来あがりましたらご連絡差し上げます。ご入金確認後に発送します。



チタンを削っているところ

Q:注文して仕上がりの日を1ヶ月先の出来上がりにして貰うのも可能なんで しょうか?
A:納期のご指定承ります。

Q:価格がわかるカタログはありますか?
A:価格はすべてHPの各ページへデザインごとに掲載しておりますのでウェブでご覧いただけます。作品は印刷物にする前に次々と新しく出しております。既製品のような量産はしておらず残念ながら紙媒体のカタログにはしておりません。ご不明な点はお問い合わせフォームからご遠慮なく問い合わせてください。

Q: 贈り物なので、チタンピアスのデザインの希望はCCをつけて友人とのやり取りで決めてもらいたい

A:買い物をするひとと、デザインの希望を決めるひとが別の場合が贈り物などのケースで第3者を交えてのご注文となることがありますが、お買いものの正式な取引きは支払う人と当サイトとの間でするもので、あくまでも贈られる立場の人は第三者でしかありません。
デザインのご希望は支払う人=お買いものをされるお客様が取りまとめて当サイトへお伝えいただければと思います。
支払いや値段の交渉は彼、そして、デザインの細かい注文はピアスを着ける彼女へ、別々にメールを出し、値段は彼とのやりとりで、彼女に知られないようにといったお取引きは大変困惑します。逆に彼女からは彼に知られないようにということで、お返しのお見積もりを頼まれて、オーダーメイドの金額を聞かれ、結局知られたりといった問題が発生しています。 Q:チタンの色無しとはどんな色のことですか
A:色はご覧のパソコンによっても違いますし、蛍光灯かお日さまかでも違って見えることを前提に
お話しさせていただきますと、
色無しチタン=チタンの地色は水道の蛇口などのステンレスのようなグレーです。銀はステンレスと比べて明るい白に近いグレーなのです。
厳密に比べないとわからないグレーの仲間です。よく見かけるアクセサリーショップの金属のグレーよりはちょっと暗めの色がチタン色です。
あえて、まぎらわしい銀色(しるばー)という表現は避けてご説明しています。

色加工しないリングは、チタンそのままの色です。
表や裏、側面など色が見えているリングの加工法は
1、まず指輪全体に色加工
2、次に外側は使っているうち硬い金属にぶつかって色が削られ、表面がこすれてしまうので、すでに最初から磨き落としてお渡しです。

色は着色料をいっさい使っていません。色を塗ったり、染めていません。化学変化でチタンそのものに
被膜ができます。その被膜はドアノブやキッチンに当たって、削られて3~4か月で落ちてなくなってしまう被膜です。
指しか触らない部分なら、色は落ちません。
洗剤、海水、温泉、汗によって色落ちすることはありません。
 

ギフトボックス

全商品をギフトボックスにお入れしています。

Q:チタンの義肢(指)を制作できますか?

チタン義指

Q:チタンの色は年月の経過によって消えたりすることはありますか?
Q:色素が自然に退色することはありません。プロドットコム独自の色で表面に硬い結晶のような皮膜で覆われることで、プリズムのような原理で反射した光が青く見えたり黄色く見えたりしています。硬い結晶のようなチタンの表面にさらに硬い金属で傷付けられることが生じた場合、反射は変わって参りますことをご留意ください。

Q:チタンのサイズ直しは出来ないとの事ですが、サイズが合わなかったらどうしよう・・・実際にそちらにお伺いしてサイズを測れれば間違い無いのですが、こちらは秋田県在住なので、 仕事の都合もあり営業日に合わせてそちらに伺うことがなかなか困難なのです。 結婚指輪なので出来れば正確なサイズで作りたいのです。 少々心配しすぎのような気もしますが(;^_^ サイズの件で良い方法がありましたら教えて下さい
A:サイズ直しは、大きくサイズをアップする調整を承ります。ご試着の段階できつくなった場合、小さくしたい場合は¥8,000にて再制作をしています。


サイズゲージ


■金属アレルギー ■チタン Q:金属を身に着けるとかぶれるのですが、チタンは大丈夫なのでしょうか?
A:プロドットコムのチタンは皮膚科クリニックの使用する純チタンです。アレルギーのある方にはプラチナやゴールド、シルバーを使わず、総チタン製をおすすめします。

Q:既存のデザインで、素材をシルバーからチタンに変えるなどの カスタマイズは可能でしょうか?
シルバーの部分をチタン製でお作りしたりしています。(プラチナやゴールドの場合もお見積もりします。)

Q:チタンならアレルギーでも大丈夫なのですか?
A:絶対大丈夫と言っていいほど過去に一例も反応したお客様がいらっしゃらない実績を積み上げております。
Q、金属アレルギーなので現在持っているプラチナのリングをチタンで作り換えてほしいのですが。
A,当社でデザインしたものでしたら喜んでお作りします。他社さまの製造したものには著作権があり、その複製ということは、有名ブランドティファニーカルティエ、または無名ブランドかにかかわらず、ティファニーカルティエのコピー商品を作ることと同じ行為になってしまいます。当社オリジナルでご依頼いただければ喜んで承ります。

Q: 結婚指輪を探してこのサイトにたどりつきました。くわしい見方を教えてください。

シンプルなデザインなら2~3日で出来るものから、ブラックチタンやダイヤ入りのチタンリングは
1カ月半以上かかります。
春と秋は混む時期もございますので、ご相談ください。挙式のお日にちをお伝えいただければ優先してお作りできます。

注文してからどのくらいかかりますか?

カタログはありますか?
…すべて新作の写真をペーパーレスにて随時WEBに掲載して毎週更新中です。

よくあるご質問

・チタンカラーを好きな色に変えたい(青、茶、黄土色、レインボーは無料)
・幅をもっと太く(7mmまで無料)
・外の見える面に刻印を入れたい(¥6,300)
・ダイヤをあしらいたい
・見本のデザインで、つやをなくしたい(無料)
・どこにもないオリジナルを考えるのがオーダーメイドの楽しさです。ご遠慮なくご相談ください。

自分でデザインしたいお客様

ゴールデンチタンのペアリング

A: 作品はサイトに数百点掲載しています。

オーダーは、ご注文フォーム送信してください。

■結婚指輪の意味

 指輪はお守りのようなものです。思いをこめる対象です。思いというのはひとそれぞれですが、人間は、ただ食べ生き眠るだけの動物とは違い、心や願いを抱いてプラスαを持って生活をしています。人は思いをかたちにしたいものです。「人は社会の中にあってこそ洗練されようとする意識が生まれ人を気遣ったりすのであって、無人島に住む人は髪に花を飾ろうともしないし、ましてこれを栽培しようとしたりはしない」と言ったのは哲学者のカントですが、人は何かに思いをこめたりおまじないしたりします。指輪もそうして生まれ、それは現代でも引き継がれます。

 結婚指輪の意味は、結婚という縁や絆によって、それにまつわるいろいろなお二人の思いが指輪というちいさな世界にこめられます。
お客様の言葉によれば、そういったお守りのような存在が薬指に輝いているような感じですと言われます。 見えぬけれどあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ・と読んだのは詩人、金子みすゞですが、人生の大切な節目の記念の意味を指輪というかたちにすることもありますし、見えれば、お互いの思いを実感できるものです。必要としてくれて、見守られているのだということへの感謝、目に見えない漠然としたものに、形を与えるのが指輪であり、大切な人への思いをはせたりできる身近な宝物なのではないでしょうか。


指輪をはめる意味と指輪をはめる指

指輪を薬指用にと、結婚指輪を購入して、指にあわなくなり、中指につけかえたり、右手薬指に結婚指輪を着けるケースもままあります。指輪をはめる意味に縛られずに、指輪の着け心地にこだわって快適に身に着けるほうが意味があるのではないでしょうか。

■指輪をはめる意味


Q:右手の薬指にはめる指輪の意味はありますか?
A:例えば海外では結婚指輪を右手につける地域もあるようです。スペインでは今でも右手の薬指に着ける場合もあるようです。左の薬指に、結婚指輪を着ける風習は、心臓に一番近いという意味からですが、宗教によって、左ではなく、右手の薬指にするのだそうです。指輪の意味として伝えられていることよりも、例えば右手の中指は一番長い指ですので、他のどの指よりも幅の広いご つい指輪も似合います。中指の指輪が決まれば、反対の指には、ちがうボリュームのリングを持ってくるといった具合に、バランスを見て選べると思います。
指輪の意味のほかに、誕生石の意味や宝石の意味などもありますが、星座を信仰しているイタリアでは5000年前のバビロニア文献にも残っていますが、誕生石はアメリカ宝石販売業が1912年に協議して制定されたものです。古くからの意味を上回るような、新しい物語を指輪に吹き込めますよう、オリジナルリングのご提案をしたいと思っております。


▲バングル、ブレスレット入り口はこちら