地中資源の量を推し測って希少金属と呼ばれているというのは勘違い prodottocom

希少な理由はその精製が困難を極めていて得難い金属だからレアメタルと呼ばれている

金属はその原料となる鉱石を掘り出してそのまま精錬すれば、チタンやジルコニウムになるという勘違い。全体の資源を分母と考えがちですが、分母が大きいから豊富に入手できるという考えは金属には当てはまらないのです。
*レアメタルに関する参照:レアメタルを知る

古くからあった金や銀と何がレアメタルは違うのか

精製の工程が容易だったために古代エジプトでもツタンカーメンにもゴールドが使われいたように人類と貴金属は永い歴史がありました。しかしながらその時代からチタンもジルコニウムも原料は存在していたのです。技術の進歩によってめぐり合うことができたのがチタンでありジルコニウムでありマイナーメタルなのです。

2. なぜ埋蔵量の多いチタンの方がジルコニウムより高価なのか?

ジルコニウムの資源よりも、チタンの原料の方が埋蔵量としては多いのに、ジルニウムの方が安価になる理由は、精錬コストが高いからです。
採掘すれば、欲しいだけの量が採れる鉄のようなベースメタルとは違い、チタンは豊富に地中にあっても少量のチタンしか採れないのは金属に換えるための手間とコストがかかり過ぎるからです。たくさんの電気を要します。 たくさん需要があって、豊富な埋蔵量があれば供給も比例すれば値下がりするのが需給と価格の法則ですが、埋蔵量が豊富なのに供給が少量しか追い付かないから希少なマイナーメタルなのです。 ダイヤモンドも、需要に応じてどんどん採掘して供給してしまえば価格は暴落するのが市場の仕組みです。供給し難いマイナーな石だから希少価値が決められます。チタンも、供給を妨げる精製工程の高コスト工程があります。

ダイヤモンドとゴールド(金)どちらが希少なのか?

ダイヤモンドの埋蔵量の方が多いか少ないかゴールドの埋蔵量の方がどうかという希少性で比べようとするのは、まるでジュエリーの性質を知らない投資の畑のおはなしになってしまいます。ダイヤと金は決定的な違いがあります。金銀、白金ptは熔解され精製される成分であり、ダイヤモンドは石という個体です。割れてしまうと希少価値は失われる、唯一無二の透明度や大きさに個体差がある奇跡です。ゴールドは再び溶かし好きな大きさを作ることが可能で固体としての存在に美しさとしての希少価値など一切保有していません。ゴールドの価値は投資対象としての価値で取り引き相場を形成するのは為替と密接な関係があり、純粋な金銀の埋蔵量と連動しているわけではないのです。



知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、タンレス?

コルタンが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでの鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト

六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーのゴールドとはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表を解説

アレルギー判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?