反政府武力勢力が武器とダイヤを引き換えに不正なルートで取引を行い、ダイヤモンドが武力の資金源になっていたのがいわゆる「紛争ダイヤ」 prodottocom

キンバリープロセス The Kimberley Process

ダイヤモンド採掘を舞台にした映画「ブラッドダイヤモンド」のように紛争の資金源にならない正規ルートでダイヤモンドが取引されるために

アフリカのコンゴと紛争とマイナーメタル アフリカ産タンタルとハフニウム

ダイヤモンドのトレーディングといえばベルギーのアントワープですが、ダイヤモンドの出どころ、身元をたどればアフリカにいきつきます。映画「ブラッドダイヤモンド」のプロデューサーを含む人道団体による尽力、議員へのロビー活動から国連を動かしました。密輸ルートのダイヤは国連会議により熱く議論され、不正なラフダイヤ(ダイヤの原石)の禁輸が決議され、イーグルアイのように厳格な監視の眼で流通を監督下に置き制御したのがKP(キンバリープロセス)です。KPにより、ダイヤの密輸やマネーロンダリング、ダイヤモンド鉱山労働者の人権侵害など不透明性は排除され、各々のダイヤには身元保証されたバーコードが付与され、クリーンなダイヤのみが取引きされます。かつてブラッドダイヤモンドの強いイメージだったアフリカのシエラレオネには、銃を持たされた少年反乱軍ではなく警察官が居ますし、空腹の難民ではなく活気ある市場の貿易業者が居ます。ダイヤモンド鉱山へ外国からの投資ブームが起こり、道路や新しい住宅でも出来、小さな島々と国家の税収は増加しています。

錫、タンタル、タングステン、金の輸入元であるコンゴ民主共和国the Democratic Republic of Congo に関して特に組織的な違反が問題になっています。アフリカに遠い日本ではあまり報道されませんがコンゴといってもコンゴは2つあり、コンゴ共和国とコンゴ民主共和国。コンゴ川の流れるアフリカの真ん中の盆地がコンゴ民主共和国です。スーダンというのも南スーダンとスーダンの2つがあるように、お国が違います。

ダイヤモンド原石からエンゲージリングになるまでの道のり

GIA宝石インスティテュートオブアメリカは、ダイヤモンドの起源を追跡できるよう身元保証のバーコードを提供しています。これはエンドユーザーが照会できるようになっています。
鉱業会社により密封された袋に GIAのもとへラフダイヤモンドのドキュメントが送信されます。その後、ダイヤの原石の形態、分光、結晶成長構造からデータを収集し、シリアル番号が付与されます。原石=ラフダイヤがカッティングの工程へ進み研磨されたダイヤモンドは、シリアル番号とともに、4Cのグレーディングのために GIA に再送信されます。その後、GIA は各石を調べて、キャプチャされた特性が原石のデータと一致するかどうかを確認します。

紛争レアメタルの中でもコルタンがコンゴの紛争の中心となっている現状。そして不買運動というボイコットが坑夫として働く現地の人たちの職を失わせることにも繋がってしまう点も指摘されています。

知りたい なぜ コンテンツ

パッチテストはする必要ない

どの金属にアレルギー反応あるか知るまでもなく

キンバリープロセス

紛争ダイヤ禁輸と監視

エンゲージリングのサイズはきつめを選んで正解

結婚指輪とは違う、婚約指輪のサイズの選び方

チタンは変色するのですか?

チタンの表面の油膜の不思議

どの金属が一番高級なのですか?

チタン、ジルコニウム、コルタン?

レアメタルが採掘されるコンゴ民主共和国DRCでのコルタン鉱物紛争

コンフリクト ミネラル3TG(タンタル、すず、タングステン&ゴールド)をめぐる密輸と武器の資金

金属イオンって何?

イオンの発生と水分の不可欠な関係とバーチャルアレルギー

有害金属のパッチテスト

除外すべき皮膚検査、六価クロム、水銀、カドミウム、鉛

パッチテストの副作用

実験室の人工的なプラチナイオンとジュエリーの金属プラチナって同じじゃない?

皮膚科のパッチテストの金とジュエリーの金とはこう違う

パッチテストの金は塩化金から出来たイオン、ジュエリーの18Kやシャンパンゴールドは何から出来ているの?

パッチテストの陽性が出たら着けない方が良いジュエリーの具体的な金属対応表

判定が(+)(-)出たけれど具体的にどのジュエリーがだめで、どのアクセサリーなら大丈夫なの?

金属アレルギーと鉱泉に溶けているいろいろな金属イオン

温泉や天然鉱泉に溶けている天然のミネラルは金属イオンなので金属アレルギーになる可能性があります

タンタルで出来ている結婚指輪
タンタルの結婚指輪


紛争鉱物についてこちらに基づいて意訳しました[キンバリープロセス]
[シエラ レオネ Leoneansのダイヤモンド鉱山 ]

 天然ダイヤと人工ダイヤ

天然ダイヤと全く成分の変わらない人工ダイヤが開発されましたが、判別するには機械を通す必要があります。コストとの関係から天然ダイヤが値崩れするのか暴落するのか、価値に対し棲み分けがなされることと思います。