お客様からお電話でのお問い合わせを頂戴しました。

結婚指輪の素材である金属のうち、どの金属が高級なのか、どの金属が一番安全なのかを知りたいというご質問でした prodottocom

まず伺ってみると、タンレスとおっしゃるのは、タンタルなのか、ステンレスと、タングステンなのか、タンタルとステンレスを混同されたようなお話でした。
ジルコニムも、歯医者さんでも金属のジルコニウムと、焼結態であるジルコニウムセラミックを混同しているドクターがいらっしゃるくらいですので、お客様にしてみれば、金属の名前がわけがわからず混乱するのも当たり前だと思います。

高級という価値判断と一番貴重な手に入り難いという意味での貴重さ、お値段という点では最も宣伝によって周知された金属でランク付けされる、そのランクを知りたいというご主旨なのだと思いました。

どれをプレゼントされたら一番うれしい?高級そうなプレゼントだと思われるのか?という質問だったなら答えはプラチナが高級といったイメージが広告によって定着しているのかもしれませんが、金属アレルギーリスクのランクではチタン >ジルコニウム>タンタル>プラチナのこの中ではプラチナがワースト1になってしまいます。認知度というのはプラチナやダイヤモンドと結びついたコマーシャルによって大企業によって印象操作によって刷り込まれるものです。
高級店といわれるところで高いお値段で販売されれば高級という答えならそのままついているお値段を見ればよいのですが、そこには加工費が入り広告宣伝費や高級なお店のイメージが加わります。わざわざお客様がお電話までかけていらっしゃるのは金属としての原価ということだと思いますが、原価がもっとも安価なのはジルコニウムでも、それを流通させるにはコストがかかりますので工房の材料として届くまでに高値になるのがレアメタルだと思います。プラチナなど貴金属の方が流通と入手が容易だからです。金属の原価に関してはタンタルのページをご覧ください。

金属の地位 

つまり金属素材の段階での地位というのを知りたいということならば、もっとも広く医療の現場でも化粧品、医薬品にも試され無害が証明済みなのはチタンだと思います。歯科でもチタン、皮膚科でもチタンが証明されています。他のタンタル、ジルコニウムはこれからの段階です。

なぜ伝統ある高級店でチタンやジルコニウム、タンタルのダイヤモンドハイジュエリーがなかったのか?

それは昔の技術では金属の精製の工程がとても難しかったから手にできなかったからです。近年に開発された技術の向上によってしかチタンやジルコニウム、タンタルが入手できないという人類にとって新しい金属だからです。金銀プラチナは古代文明から精製できていたのに対し、レアメタルは鉱石から精製して手にするのが困難だったからレアなのです。地中の中に埋蔵量がたとえ潤沢にあっても、精製が困難すぎるからレア=希少なのです。
貴金属の地位に代わって、そうした安全度と強い耐久性が高く評価される日がくるのかもしれません。

タンタルで出来ている結婚指輪
タンタルの結婚指輪
[*なぜ埋蔵量の豊富なチタンの方が希少なのか?]についてこちらをご覧くださいなぜチタニウムの方が高価なのか?
[ダイヤ入りの指輪だと傷つかないのはなぜ]