指輪専門店が創る義手でも義肢でもない金属の指の関節リング

チタンの関節リングからチタン製の手指=指用エピテーゼまでを オーダーメイドで制作するようになった指輪職人の紹介と制作に至るいきさつ

義肢屋さんの義手ではない金属の指が欲しい

関節リングを見たユーザーさんから、指も作って欲しいとご相談があったのがきっかけでした。

チタンの指

関節を動かせるアクセサリーとしての指輪を数多くこれまで製作し、自身でも長く着けてきました。「金属製の指のエピテーゼがどこを探しても作っているところが無い」、「こういうものを探していたんです」というご相談を頂き、最初は戸惑いました。なにしろ指輪屋さんですから。指を作るとは。
それから指の曲げ伸ばしを(*1)鋼の錬金術師の漫画を研究したり、金属の指の手作りにも取り組みました。探してくださる方が居るなら、こんな指輪のような金属の補装具を作る指輪職人も居ますというページを紹介しようと思い、このページを作成しました。

指輪と金属アレルギーのご質問をいただくことが多く、アレルギーの個別の症状に応じて工夫した総チタン製の装身具を研究してきました。オーダー専門に製作しています。チタンの関節リングから義手(義指)の分野に近い指専門の装身具デザインから特殊なオーダーメード制作も、ご相談を承るようになりました。工房で、ていねいにひとつひとつ作りますので、1つの関節リングが完成するまでに2ヶ月半かかります。鋳造の工程が入る場合はワックス原型をほりおこして制作します。 シリコンや塩ビ手指義手に比べますと、チタン製は丈夫で抗菌効果も高く、耐久性は良いものの、指輪をはめるのと同じで、長期間はずさないで使っていると指輪ダコができてくるケースもあります。そういった場合は、金属の指に当たるチタン部分を少し削るなどのメンテナンスも行っています。

関節のジョイントなどを参考にした(*1)鋼の錬金術師 公式

チタンの利点

1.個性としての金属の手指。見せるという視点に立った補装具を望まれる方に。

隠すためのカムフラージュの肌色の義肢または義手ではなく、指輪の延長の装飾性と人間工学的ユーザビリティを兼ね備えた関節にまたがる義指装具リングであること。個性として主張できるデザインを備えること。

2.チタン素材の特性

チタンという素材は銀のように温泉で変色することもありませんし、長時間水に浸かってもさびない、軽いという利点があります。チタンの軽さは1円玉の軽さを想像していただくと近いかも知れません。指先を製作し、義指(義肢)として実用する場合、他の金属製での義手(義指)では、動作による遠心力も働いてしまい重すぎる欠点があります。その点チタンなら強固で超軽量で、指にも負担がかからず、皮膚にもやさしいメタルですので着け心地もすべすべとさらっとした肌触りです。ジュエリーとしての指輪を作り続けた豊富な経験を活かし、指なじみの良いソフトにフィットするリング装置が可能です。チタンという素材は抗菌効果の高い金属ですので、義手(義指)としても清潔に装着できるのも良い点だと思います。

3.耐久性 指の保護

傷あとを守る。

4.可動性

手指の曲がった自然な表情をつけることができ、人の動作を補助する役割を担います。 キーボードをたたくこともできたり、手すりをつかむ、じゃんけんのグーも出せるしチョキも。 その他腱鞘炎のための補助する装具、バネ指のための装具もデザインします。医療系の装具にはまだまだ開発の進まない現状があり、現状に満足出来ない方が居ます。ジュエリーとも言えるようなバネ指の装具も開発しています。指輪のようにおしゃれもでき、かつ、指を護るというものです。 装身具というのは、ただ単に量産された便利なものが使えればそれで良いのではありません。自分らしく、愛着が湧く装身具、納得いくものをいつも身につけたいものです。
ばね指にならないために 
ばね指のセルフケア手の腱を酷使せず、いたわるように使うよう職人も心がけています。

5.機能性

機能を考える前に、いかに指輪が邪魔なものか、指輪屋さんが言うのもおかしいのですが、毎日金属の関節リングをはめて生活するということを、指にタコが出来るまでやっていますと、機能はまず第一に義指によって物がつかめるとか握れるとか持ち上げられる、書けるといったそういう機能よりも「きちんとはまって指から落ちない、痛くない、皮膚を圧迫しない」が一番に来ます。次に繊維にひっかからない、不衛生にならない、汚れない。兎にも角にも邪魔にならないで愛着がわいてくる指輪というのが第一となります。何をするにも肌身離さず人工ボディということを忘れ、ずっと身体の一部になるような義肢というのがベースとなります。指は曲げ伸ばしや手を振って歩いたり、遠心力もかかります。動作の度に邪魔にならないというのが鉄則となります。これは細い結婚指輪でも同じです。

義指のデザイン性とは

機能という面からのデザインでまず必要なことは、邪魔にならない≒出来る限り部品を少なくするということ。そして指の皮膚が引っ張られたり戻ったりに合わせて金属が伸縮しない点をどう補いながら快適に着けるかという問題を解消します。触れたものをキズつけないためにも、ソフトに触れるデザイン、服に引っ掛かったり、指の皮膚の通気性を良く、軽くすることが求められます。

指輪職人の紹介チタン加工オーダー

義指の分野では、シリコン製はあってもチタンの動く義肢がなく、関節の自由度を考えて作るような曲がる装身具を作る職人がいないようで、それならば、私でお役に立てるのであればチタン指輪職人として、こんなうれしいことはないと思います。 指輪としての、それぞれの指と指の関節にあわせて、適合する曲がる(動く)リング作りを長年研究しています。指輪が大好きで、自ら関節リングを着け、指と金属との接点を改良し、また自ら試します。オーダーメイドのジュエリーの分野での経験を少しでも役立てることができればうれしいです。 チタンの軽い性質と皮膚に親和性の高い利点をいかした関節の動かせる指をお作り出来れば幸いです。チタンを手作りで毎日触って削り叩き、磨いています。指と装身具を造り続けて培った豊富な技術とデザインの専門性、熟知したチタン加工により、指とうまく付き合え、デザイン的にも高いクオリティーある義手でも義指でもない関節リングの製作に最善を尽くします。チタンは硬い性質から、インダストリーの分野では普及してはいますが、人の手が手作りで介入できないような材質です。このような関節を曲げられるチタン製の装身具作りという、私だけにしか作れない仕事を与えられたことを噛み締めながらチタンと格闘しています。正直申し上げて、総入れ歯を作るより複雑です。指は動いて肉が盛り上がったりへこんだりいつも生きていて形状が変わるからです。型さえ取って被せれば出来るというものではなく、手指を拘束せずとても複雑な動きに対応します。

金属製の装身具ですので、耐久性が非常に高いものです。安全性にも特に配慮して製作します。

■オーダーの流れ:

指の動き方、採寸、デザイン画、ハンドメイドによるソケットと関節部分のリンク、指へのフィッティングとそれに応じた数回にわたるメンテナンスを経て完成へ。 問い合わせフォーム 東京都渋谷区神宮前6-18-11明治ビル1F 担当 松本恵子(チタン職人である製作者本人がお話を伺います。 制作者が常駐しています。結婚指輪ショールームにはファッションとしての関節リングは何種類かのサンプルを置いておりますが、義指はディスプレーしておりません。メディアの取材はお引き受けしていません。製作は特殊ですので、ご来店は前もってお知らせいただけた方が、チタンやシルバーの装身具サンプルなどの準備をさせていただけます。お電話03-5766-5095のうえ工房へお越しいただくほうがよろしいかと存じます。

■サイズについて

お怪我の傷が治ってから皮膚の状態がすっかり落ち着いてから承ります。治療のお手伝いはしていません。指のサイズは傷の具合で大幅に変化します。採寸した時期から指輪の完成まで数ヶ月間で治癒の状況の変化とともに、指輪のサイズも変わります。直系0.3ミリで1号変わります。ワンサイズ変われば靴も歩けないのと同様、指輪も着けられなくなります。サイズ直しのろう付けは将来金属アレルギーになる可能性が出てきますので、純チタンでお作りし、サイズのお直しが発生しないようサイズは慎重にうかがっております。

■材質の金属について

指の負荷をかけないよう考慮してチタンでお作りします。軽量なほど着け心地が良く可動性の助けになります。
逆にリハビリのために指に負荷をかけてトレーニングを兼ねるケースでは重たい金属でも制作可能で、シルバー、ゴールド、プラチナから選ぶこともできますが硬度はチタンと競争できません。強度の面からチタンは耐久性に優れており、どのような使い方をしても歪むこともありません。指の保護にはチタンが最適です。部分的にねばりの必要な構造の場合、18金ゴールドを使用するなどご相談の上、工夫しています。貴金属での制作には将来金属アレルギーが発症するリスクがあります。

■制作期間について

ひとつひとつ手作りでていねいに仕立てているため、指の制作には、最短でも2ヶ月半かかりますので、納期は只今から3ヶ月半~後となる見込みです。

■製造工程

型紙を取り→ワックスで原型の彫り出し→塊から小さな仏像を彫り込んでいくようにこつこつと形を産み出します。 →それが真空の高温炉で溶解したチタンを流し込む型となり鋳造設備を経てチタンに成形 →チタンのパーツをていねいに組み上げ、磨き表面処理をして完成します。

複数の指の制作をご依頼される場合

隣合った2本の指に装具を着けたい場合

指にはめる指輪が隣合うと、指輪同志がかちかちと当たってじゃまになることを想定します。その場合、金属の外径が指を覆っているので、指を2本揃える動作が難しくなり指同志がガツガツ当たるのを回避するため違う形状で作る工夫が必要です。ご試着を何度も繰り返します。同じお怪我はふたつと無いため、製品とは違ってケースバイケースです。

■デザインについて

指の状態はひとりひとりまったく違います。どのような構造の金属の指にすれば、着け心地よく関節を曲げたり、違和感なくできるかというもののかたちそのものの考案から始まります。決まった工程を経ると出来上がる流通商品とは違って、個々に無から造りあげるものとなります。ほかの指とバランスを取れるように、男性らしく女性らしくどういうデザインにすれば一番良いかを一緒に考えて最適な指を目指します。エピテーゼ デザインワーク 指と関節 by まつもとけいこ)

人間工学学会より

まつもとの制作する金属の指が、人間工学グッドプラクティス、「良好実践、良好事例」データベースに採択されました。

金属でできた指

■見積もり

チタン関節リング装具一律¥300,000税別:プロトタイプモデルは無く、指がどのくらい残っていて、どのような怪我で、どの指でと同じ指は一つとしてありません。手間と時間とを考えれば採算が合う仕事ではありません。何かに貢献したいという気持ちに近いかたちで制作にあたります。アクセサリーを作るような仕事とは別のことととらえています。ジョイントが無いキャップ式の場合は一律\150,000税別。  結婚指輪などのオーダーメイドのジュエリーの製作例 リベット接合により留めたジョイントと、自由度のあるジョイントの2通りの接合方法を駆使して指に負担なく折り曲げられる関節を造ります。 リベット接合部分の固さはコントロールできますので、ぶらぶらするほどゆるくも出来ますし、固くもできます。ある程度好きな角度で使用できる構造です。

チタンで出来た指

金属の指

金属製指

Titanium artificial finger.It can be moved.

金属の人工フィンガー

It takes 2month.it costs 315,000 Japanese yen.all maintenans included..

可動式人工フィンガー
金属からできた指

薬指artificial finger/titanium

チタン製義肢

チタン陽極酸化被膜

親指用義指

親指用artificial finger/チタン製

人さし指用artificial finger/チタン製

チタン製手指

指輪式チタン金属の指

義指に関する記事

指は曲がれば曲がるほどいいのか